ご寄付のお願い

〜映画製作と上映に向けて〜 「皆様のご支援・ご協力を宜しくお願い申し上げます!

ドキュメンタリー映画『かけはし』完成に向けて

2001年1月26日、新大久保駅で線路に転落した日本人の方を助けようとして、日本人カメラマンの関根史郎さんと留学生のイ・スヒョンさんが共に亡くなられてから、明日の1月26日で15年となります。亡くなられた3人の方々のご冥福を改めて心よりお祈り申しあげます。

あの事故から15年目を迎える2016年の完成を目指して、ドキュメンタリー映画『かけはし』の製作が行われています。当初一月に完成予定でしたが、撮影期間を伸ばしてさらに取材・撮影を進め、より良い作品をつくっていくために、完成までに今しばらく時間をかけていくことになりました。

完成と公開はまだ先となりますが、イ スヒョンさんの頭文字をとって設立された特定非営利活動法人エルエスエイチアジア奨学会15周年記念のイベントの中で、あの事故から15年目の命日となる2016年1月26日に、完成に先駆けて、この日のために編集した「『かけはし』~あの事故から15年…」の上映をさせていただくことになりました。

映画の完成と公開については、詳細が決まり次第お知らせさせていただきます。
◎ 「かけはし」公式HP → http://kakehashi-movie.net/

スヒョンさんが私たちの心に残したものとは? 日本と母国の架け橋となることを夢見て志を胸に、さまざまな国や地域から来日している留学生の姿を通して、国籍を超えた人と人との絆を通して繋がる心の「かけはし」を描いていきたいと思います。

You are a Bridge! 国籍・民族・文化・習慣・世代など様々な違いを超えて、「人は誰もが心と心を繋ぐかけはしとなれる!」『かけはし』の取材を通して出会った世界の若者たちの姿から強く感じたことです。

母国に帰った後も、日本がもう一つの故郷として愛される国であったなら、そして出会いによって生まれる新しい視点がより多様な可能性と心豊かな社会を生み出しうるのなら、世界の人々と繋がり育まれる友情は、平和で魅力ある日本を創り出していくことでしょう。

ドキュメンタリー映画『かけはし』は、日本と母国のかけはしとなる留学生を応援しています!皆様のご支援、ご協力をよろしくお願い申しあげます。

ドキュメンタリー映画『かけはし』
企画・プロデューサー:中村里美

====================================

【東京・四谷】ドキュメンタリー映画『かけはし』
〜あの事故から15年…〜
製作:© ミューズの里「かけはし」制作委員会

====================================

◎日時:2016年1月26日(火)
開場:15:30/スタート:16:00~

◎会場:主婦会館プラザエフ B2F クラルテ
東京都千代田区六番町15番地 TEL:03-3265-8111
(JR四ツ谷駅 麹町口前 徒歩1分)

◎会費:無料ご招待
※NPO法人エルエスエイチアジア奨学会設立15周年記念イベントとして上映されます。

◎:ミューズの里「かけはし」制作委員会
E=mail: info@musevoice.com
E-mail: crosscultureplaza@yahoo.co.jp

※春からの公開に向けて、エンドロールにお名前が掲載される制作&上映募金は1月26日までで締め切りとさせていただきます。

☆映画『かけはし』は、今後シリーズ化され、母国と日本の架け橋となる留学生を応援していきます〜!

〜自主上映募集中!〜 http://kakehashi-movie.net/
〜お問合せ先:ミューズの里「かけはし」制作委員会〜
E-mail: info@musevoice.com
または crosscultureplaza@yahoo.co.jp
TEL: 070-6511-7275

かけはしチラシHP用JPG